高コレステロール血症・脂質代謝異常症とも言われます。

高血圧・高脂血症・肥満・喫煙は死の四重奏と言われており、動脈硬化の原因となります。

動脈硬化が進行すると血管が詰まってしまうため、脳梗塞・心筋梗塞などになってしまいます。

食事を食べる量が少ないのに太ってしまう、冷え症が強いなどの症状があって、高脂血症の場合は、甲状腺機能が低下している橋本病などの可能性があります。

普通の内科医であれば一般常識的なこととして知っていることですので、先生が血液検査をしてみましょうという話が出たら、検査をしてもらうとよいでしょう。実際、ホルモンが少なければ、ホルモンを補充する内服薬があります。

戻る