袋井市浅岡 医療法人社団MFC 溝口ファミリークリニック:総合内科・小児科 生活習慣病:糖尿病・高血圧・高脂血症対策に力を入れています。院内処方  診療圏:袋井市・磐田市・掛川市・浜松市 

心房細動 袋井市・磐田市・掛川市

心房細動とは

心臓は心房・心室という部屋が左右に計4部屋で構成されており、上側にある、心房が細かく震える不整脈のことです。

不整脈ですので、自分で脈を診てもらって、脈がバラバラという場合には、医療機関を受診して、正確な診断及び治療の必要性の有無を確認してもらいましょう。

心房細動は年齢と共に増加し、70歳代の5%、80歳代の10%程度の割合で起こる比較的起こりやすい不整脈です。

心房細動をそのまま放置した場合、5%の患者さんが脳梗塞になることが知られています。脳梗塞疾患側からみると脳梗塞の約30%が心房細動によるといわれています(心原性脳梗塞)。

脳梗塞予防の治療法

心房細動を持つ方の中で脳梗塞になりやすい人が決められており、

・心不全
・高血圧
・75歳以上
・糖尿病
・脳梗塞や一過性脳虚血発作の既往

のある方は、積極的に脳梗塞予防の内服治療を受けた方がいいとされています。

点数づけによって、予防のためのお薬の種類が変わり、2つ以上ある方は、定期的な採血で投与量を0.25mg単位(1/4錠単位)で変更が必要かつ食事制限が必要になるお薬が必要になりますので、詳しい医師の下治療を受けられることをお勧めします。

戻る

a 1890 t 2 y 0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional