袋井市浅岡 医療法人社団MFC 溝口ファミリークリニック:総合内科・小児科 生活習慣病:糖尿病・高血圧・高脂血症対策に力を入れています。院内処方  診療圏:袋井市・磐田市・掛川市・浜松市 

海外渡航 予防接種・ワクチン 静岡県袋井市・磐田市・掛川市・浜松市

海外渡航のための予防接種(ワクチン)

予約に関しては下にある問い合わせ先に連絡して下さい。

何をいつ どの様な間隔で接種すればいいか分からない方は
[check]海外渡航ワクチンのスケジュールを参照して下さい。

[check]狂犬病ワクチンは供給不足のため他のワクチンと同時接種する方のみ対応させていただいております。
 狂犬病ワクチン単独接種をご希望の方は浜松医療センターをご利用下さい。

諸外国へ旅行や仕事に出かける際に、どのワクチンを打ったほうがいいのか、どこを見ればいいのかわかりにくいと思います。情報のまとめを厚生労働省のHPから引用しておきます.

海外渡航者の予防接種には、主に二つの側面があります。一つは、入国時などに予防接種を要求する国(地域)に渡航するために必要なものです。もう一つは、海外で感染症にかからないようにからだを守るためのものです。ここでは、日本国内で行われている一般的な予防接種について説明します。

予防接種証明書を要求される場合

入国する時に、黄熱の予防接種証明書の提示が求められる国があります。主にアフリカの熱帯地域や南米の熱帯地域の国々です。また、黄熱の流行国から入国するときに予防接種証明書の提示が求められる国もありますので、乗り継ぎの時に証明書が必要になる場合もあります。
また、学校に入学する時に予防接種証明書を要求される場合もあります。
詳しくは渡航先の国の在日大使館や入学先、お近くの検疫所などでおたずねください。

自分自身を感染症から守り、周囲の人への二次感染を防止する。

外国では、日本にはない病気が発生しています。また、日本にいる時よりも感染する危険が大きい病気があります。予防接種を受けることで予防できる病気は限られていますが、予防接種を受けることで感染症にかかるリスクを下げることができます。必要な予防接種は、渡航先、渡航期間、渡航形態、自身の年齢、健康状態、予防接種歴などによって異なります。事前に渡航先の感染症情報を収集するとともに、それぞれの予防接種について理解した上で、渡航者一人一人が、どの予防接種を受けるかを決める必要があります。

予防接種の計画は余裕をもって早めに!

予防接種の種類によっては、数回(2~3回)接種する必要のあるものもあります。海外に渡航する予定がある場合には、なるべく早く(できるだけ出発3か月以上前から)、医療機関や検疫所で、接種するワクチンの種類と接種日程の相談をしてください。

国内で国産のワクチンを使用した方がいい理由

 予防接種に関して、国内で国産のワクチンを使用した方がいい理由をご存知ですか?
国産ワクチンであれば、ワクチンを接種した後に何かしらの問題が生じたとしても、国が保証してくれることです。また、健康被害が仮に生じたとしても日本国内であれば言葉が普通に通じますし、世界的に見ても非常に高い水準の医療を受けることが出来ます。海外渡航ワクチンを接種しないといけない国々は、発展途上国であることも多く、保証制度が未確立であったり、言葉や医療水準の問題があるため、できるだけ渡航前に接種しておくことをお勧めします。また、医療機関においては供給不足のワクチンを海外から個人輸入している所もあります。その場合は、日本の保証の対象外となるため、健康被害が生じた場合、自費での治療が必要になります。(交通事故や労働災害などに対しては、健康保険が効かないのと同じです。)。ご自身を守るためにも、予約をする前に国産であることは念のために確認しておいた方が無難です。当院のワクチンは全て国産なので、心配はいりません。ご希望があれば接種した後にワクチンの入っていた箱を記念に渡すことも可能です。国産ワクチンは当然ながら外箱が全て日本語で記載されています。

当院の予防接種への取り組み:当たり前の実施

当院では、適切かつ良質なワクチン接種をするために、どこでも当たり前に実施できる7つの項目をしています。

1.保障制度のある国産ワクチンの使用
 上記のとおりです。

2.ワクチンを適切管理するために専用冷蔵庫の使用。
 適切な温度管理は重要です。

3.予備ワクチンの在庫確保(毀損の時に対応できるように常に1本予備在庫あり)
 経験はありませんが、箱を開けたら不良品だった、在庫がないからまた来てくださいってことはありません。狂犬病は国内で供給不足が顕著のため予備はありません。

4.予防接種の痛みを減らすために、各種機器を使用
 乳幼児の予防接種を含め、当院では予防接種の痛みを減らすために様々な工夫とコストをかけています。大人だって痛いのは嫌ですね。

5.副反応で注射部位が腫れたりした時の対応も可能
 腫れやすい方であれば、予防内服も可能です。もちろん、ワクチン打つのにステロイド内服とか、アレルギー反応だから抗アレルギー薬内服なんて、アホなことはしません。

6.別室対応
 受付から予防接種まで短時間で済ませるために、通常の順番待ちではなく別室対応するため、待ち時間は短時間で済みます。(緊急的な重症患者さんがいる場合を除く)
 事前に電話予約をしてもらう形になります。
 問診票(←クリック もしくは左のメニュー 上から6番目。)をダウンロードして先に記入してきていただけると、更に待ち時間が短くなります。

7.平日は毎日外来診療
 ちょっとしたことでも気軽に相談できるように平日は毎日外来をしています。
  

予防接種の種類と対象

疾患特性としては、下記の人は必ず接種することを推奨しますが、厚生労働省では地域ごとに推奨予防接種を挙げています。
黄熱  :感染リスクのある地域に渡航する人。
 発症分布 アフリカ 
 発症分布 南米
 PDFが開きます。
A型肝炎:途上国に滞在する人。屋台や現地飲食店を利用する人。特に60歳以下。
発症国
B型肝炎:血液を含めた体液(唾液・精液を含む)に接触する可能性のある人。
発症国
破傷風 :冒険旅行などでけがをする可能性の高い人。日本国内でも農作業など、土を触る機会の多い人。
狂犬病 :イヌやキツネ、コウモリなどの多い地域へ行く人で、特に、近くに 医療機関がない地域へ行く人・動物研究者など、動物と直接接触する人。発症分布地図:PDFが開きます。
ポリオ:流行地域に渡航する人。地図):jpeg
日本脳炎:流行地域に長期滞在する人(主に東南アジアでブタを飼っている農村部)。
地図
 定期の予防接種について年齢相応のものがすべて終了しているか、海外渡航前に必ず確認してください。
 麻しん(はしか)の予防接種について、国際保健機関(WHO)では、10代や成人の方で、2回接種を受けていない場合、海外渡航前に予防接種を受けることを検討すべきとしています。

予防接種で予防できる病気

破傷風
 破傷風菌は世界中の土壌の至る所に存在し、日本でも毎年患者が発生しています。破傷風は傷口から感染するので、冒険旅行などで怪我をする可能性の高い人におすすめするワクチンです。特に、途上国では、けがをしやすく、命に関わることもあるので、接種を検討してください。
 破傷風ワクチンは1968年(昭和43年)から始まった3種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風、百日せき)に含まれていますので、定期予防接種で破傷風・ジフテリアワクチンを12歳の時に受けていれば、20代前半位までは免疫がありますので、接種は不要です。10年以内に追加接種すれば10年間有効な免疫がつくとされています。前回から10年以上経過している方は2回接種をお勧めしています。

A型肝炎
 A型肝炎は食べ物から感染する病気で、アジア、アフリカ、中南米に広く存在します。発症すると倦怠感が強くなり、重症になると1か月以上の入院が必要となる場合があります。途上国に中・長期(1か月以上)滞在する人におすすめするワクチンです。特に60歳以下の人は抗体保有率が低いため、接種をおすすめします。
 ワクチンは2~4週間隔で2回接種します。(抗体のつきやすさ・他の予防接種と同時接種される事が多いこともあり、当院では4週間後を推奨しています。)。6か月以上滞在するのであれば6か月目にもう1回接種すると約5年間効果が続くとされています。

狂犬病
 狂犬病は、発病すればほぼ100%が死亡する病気です。海外では、オセアニアなど一部を除きイヌだけでなくキツネ、アライグマ、コウモリなどの動物に咬まれることによって感染する危険性が高く、長期滞在、研究者など動物と直接接触し感染の機会の多い場合や、奥地・秘境などへの渡航ですぐに医療機関にかかることができない人におすすめするワクチンです。
 ワクチンは4週間隔で2回接種し、さらに6か月から12か月後に3回目を接種します。3回のワクチン接種後、6か月以内に咬まれた場合には0日(咬まれた日)、3日の2回の接種が必要です。また、6か月経過後に咬まれた場合には0日、3日、7日、14日、30日、90日の6回のワクチン接種が必要です。

日本脳炎
 日本脳炎は、日本脳炎ウイルスを保有する蚊に刺されることによって起こる重篤な急性脳炎で、死亡率が高く、後遺症を残すことも多い病気です。
 流行地(東アジア、南アジア、東南アジア)へ行く人におすすめするワクチンです。ワクチンは1~4週間間隔で2回接種し、1年後追加接種を1回します(基礎免疫が完了)。基礎免疫の完了後は、1回の接種で4~5年間有効な免疫がつきます。

B型肝炎
 以前は輸血や医療従事者の注射針による針刺し事故など血液を介した感染が問題とされていましたが、現在ではB型肝炎(活動期)の母親から生まれる新生児期を中心とした感染と、思春期以降の性行為(唾液や体液の濃厚接触)を通じた感染の2つが主な原因となっています。幼小児では幼稚園などの集団生活の中で噛まれたり、他の子供の血液がついてしまっても気にしないなどの事があり、同級生から感染し家族内に広まり、父親が劇症肝炎になって発覚したという事例もあります。小児では、特に慢性化しやすく、肝炎から肝がんに至ることもあり、海外渡航の有無に関わらず集団生活に入る前に推奨されるワクチンです。
 一般に健康な(免疫不全でない)成人の感染では、ほとんどが一過性感染で、急性肝炎の経過をとるものと不顕性感染となるものがあり、いずれも終生免疫を得ます。一過性感染例では劇症化して死亡する例(約2%)を除くと、ほとんどの場合は、およそ3か月で肝機能が正常化し、治ることが多いとされますが、慢性化した場合には、小児と同様に肝炎から肝がんに至ってしまうこともあります。
 ワクチンは4週間間隔で2回接種し、さらに、20~24週間後に1回接種します。
 ワクチンの効果は3回接種終了後の5年後の抗体保有率50%とされています。前回接種から5年以上経過している場合は、抗HBs抗体の測定をして陰転化している場合は、再接種をお勧めしています。

ポリオ(急性灰白髄炎)
 ポリオはポリオウイルスによって、急性の麻痺が起こる病気です。
 ポリオが流行しているアフガニスタン、ナイジェリア、パキスタンのほか、ポリオが発生している国(インドなど 地図)に渡航する人は追加接種を検討してください。WHOでは、患者が発生している国に渡航する場合には、以前にポリオの予防接種を受けていても、渡航前に追加の接種をすすめています。特に、1975年(昭和50年)から1977年(昭和52年)生まれの人は、ポリオに対する免疫が低いことがわかっています(昭和50-52年生まれの年齢層におけるポリオウイルスに対する中和抗体保有率は、昭和50年生まれ57%、昭和51年生まれ37%、昭和52年生まれ64%)ので、海外に渡航する場合は、渡航先が流行国でなくても、渡航前の追加接種を検討してください。実際、昭和51年生まれの私の抗体は、ポリオの型が3種類中1種類のみ陽性で、子供が生まれる前に追加接種しました。

黄熱
 黄熱は蚊によって媒介されるウイルス性の感染症で、致死率は5~10%ですが、流行時や免疫をもたない渡航者などでは、60%以上に達するという報告もあります。アフリカや南米の熱帯地域に渡航する人におすすめするワクチンです。黄熱予防接種証明書を入国時に要求する国や、乗り継ぎの時に要求する国もありますので、検疫所で確認して下さい。黄熱予防接種証明書は接種後10日目から10年間有効です。

ジフテリア
 ジフテリアは、患者の咳などにより、人から人に感染します。
 ロシア、東ヨーロッパに長期間行く人におすすめするワクチンです。
 ジフテリアワクチンは1968年(昭和43年)から始まった3種混合ワクチン(ジフテリア、百日せき、破傷風)に含まれています。定期の予防接種で2種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風)を12歳の時に受けていれば、20代前半くらいまでは免疫がありますので、それまでは接種は不要です。その後は、1回の追加接種で10年間有効な免疫がつきます。

麻しん
 主に小児期に発症する感染力の強い全身性感染症で、合併症として肺炎、中耳炎などの頻度が多く、また脳炎や亜急性硬化性全脳炎など重症なものがあります。現在は定期の予防接種で2回接種が行われています。
 麻しんにかかったことがない方で、麻しんの予防接種を受けたことがない方や1回しか接種していない方、または予防接種を受けたかどうかがわからない方にワクチン接種をおすすめします。

参考/引用:厚生労働省検疫所

主な渡航先別のワクチン接種スケジュール

①アジア、アフリカ、中南米に短期間(数日~1カ月程度)滞在または旅行する場合
標準的推奨

初回3~4週間後
A型肝炎ワクチン①A型肝炎ワクチン②
破傷風トキソイド破傷風トキソイド

6か月後(現地or一時帰国の際に)にA型肝炎ワクチン3回目

例外推奨
不活化ポリオ:昭和50~52年生まれの方
3種混合ワクチン(DTaP):海外赴任中の女性の出産や子育て支援の目的で渡航される方
   破傷風→3種混合ワクチンへ変更
DTaP:3種混合:ジフテリア・破傷風・無細胞百日咳3種混合ワクチン
破傷風トキソイド:10年以内に接種している方は省略可

②アジアに長期間滞在する場合
標準的推奨

初回2週間後4週間後
A型肝炎ワクチン①日本脳炎ワクチンA型肝炎ワクチン②
B型肝炎ワクチン① B型肝炎ワクチン②
破傷風トキソイド 破傷風トキソイド

医療過疎の地域に赴任する場合は狂犬病ワクチン 初回・4週間後の接種をおすすめしていますが、現在供給不足のため他のワクチンと同時接種される方の予約のみ承っております。
6か月後(現地or一時帰国の際に)にA型肝炎ワクチン・B型肝炎ワクチン・狂犬病ワクチン3回目

例外推奨
不活化ポリオ:昭和50~52年生まれの方
3種混合ワクチン(DTaP):海外赴任中の女性の出産や子育て支援の目的で渡航される方
   破傷風の1回目→3種混合ワクチンへ変更
DTaP:3種混合:ジフテリア・破傷風・無細胞百日咳3種混合ワクチン

③アフリカ、特に赤道アフリカに長期間滞在する場合
標準的推奨

初回4週間後5週間後
A型肝炎ワクチン①A型肝炎ワクチン②黄熱ワクチン
B型肝炎ワクチン①B型肝炎ワクチン②
破傷風トキソイド破傷風トキソイド

医療過疎の地域に赴任する場合は狂犬病ワクチン 初回・4週間後の接種をおすすめしていますが、現在供給不足のため他のワクチンと同時接種される方の予約のみ承っております。

6か月後(現地or一時帰国の際に)にA型肝炎ワクチン・B型肝炎ワクチン・狂犬病ワクチン3回目

黄熱病ワクチンは、名古屋などの検疫所で接種可能です。
例外推奨
不活化ポリオ:昭和50~52年生まれの方
3種混合ワクチン(DTaP):海外赴任中の女性の出産や子育て支援の目的で渡航される方
   破傷風の1回目→3種混合ワクチンへ変更
DTaP:3種混合:ジフテリア・破傷風・無細胞百日咳3種混合ワクチン

④中南米に長期間滞在する場合
標準的推奨

初回4週間後
A型肝炎ワクチン①A型肝炎ワクチン②
B型肝炎ワクチン①B型肝炎ワクチン②
破傷風トキソイド破傷風トキソイド

医療過疎の地域に赴任する場合は狂犬病ワクチン 初回・4週間後の接種をおすすめしていますが、現在供給不足のため他のワクチンと同時接種される方の予約のみ承っております。

6か月後(現地or一時帰国の際に)にA型肝炎ワクチン・B型肝炎ワクチン・狂犬病ワクチン3回目
※一部の人は5週間後に黄熱ワクチン接種が望ましいです。
例外推奨
不活化ポリオ:昭和50~52年生まれの方
3種混合ワクチン(DTaP):海外赴任中の女性の出産や子育て支援の目的で渡航される方
   破傷風の1回目→3種混合ワクチンへ変更
DTaP:3種混合:ジフテリア・破傷風・無細胞百日咳3種混合ワクチン

⑤欧米に短期間(数日~1カ月程度)滞在または旅行する場合
標準的推奨

初回3~4週間後
破傷風トキソイド破傷風トキソイド

例外推奨
不活化ポリオ:昭和50~52年生まれの方
3種混合ワクチン(DTaP):海外赴任中の女性の出産や子育て支援の目的で渡航される方
   破傷風の1回目→3種混合ワクチンへ変更
DTaP:3種混合:ジフテリア・破傷風・無細胞百日咳3種混合ワクチン

⑥欧米に長期間滞在する場合
標準的推奨

初回3~4週間後
A型肝炎ワクチン①A型肝炎ワクチン②
破傷風トキソイド破傷風トキソイド

6か月後(現地or一時帰国の際に)にA型肝炎ワクチン3回目
例外推奨
不活化ポリオ:昭和50~52年生まれの方
3種混合ワクチン(DTaP):海外赴任中の女性の出産や子育て支援の目的で渡航される方
   破傷風の1回目→3種混合ワクチンへ変更
DTaP:3種混合:ジフテリア・破傷風・無細胞百日咳3種混合ワクチン

当院で接種不可能なのは、髄膜炎菌ワクチン及び国内非生産の黄熱ワクチン・腸チフスワクチンです。
黄熱病ワクチンに関しては、各地の検疫所にて接種が可能です。
腸チフスワクチンは東京・名古屋などの大都市にあるトラベルクリニックで接種が可能ですが、国内非生産・輸入品なので健康被害が生じた場合に保障対象外となっております。

予備として常に在庫2人分を確保しており、当日の連絡でも接種可能な体制にはしていますが、数に限りがありますので必ずご連絡の上、ご来院ください。

ワクチン相談外来

 色々読んでみたけど、よく分からないし実際に相談してから受ける予防接種を決めたいと言う方もいらっしゃると思います。接種希望のワクチンを電話連絡の上、ご来院下さい。狂犬病を除いて、来院時に必要なものを提示して、選択していただき接種致します。
 以前接種したことのあるワクチンの効果が出ているかどうか、追加接種が必要かどうかに関して、抗体価を測定の上、決定することも可能です。
 抗体価測定に関して、自費の検査となります。保険収載と同等の金額になります。
 
 

高山病予防

 標高2,000 メートルを越える高地に滞在する場合、高山病に注意しなければなりません。高山病は、頭痛や吐き気といったいわゆる山酔いだけでなく、重症になると高地脳浮腫、高地肺浮腫などに進行してしまう場合があります。
 高山病予防に対して、ダイアモックスが有効とされており、ご希望もあるため当院でも処方可能な体制を整備しました。
 詳しくは高山病予防をご覧下さい。

問診票ダウンロード:PDF

問診票をダウンロードして、事前記入していただけると待ち時間が短縮されます。

自費ワクチン問診票(PDFファイルが開きます。)
対象:A型肝炎・B型肝炎・日本脳炎・破傷風・狂犬病
   まとめて問診票の記載が可能です。

海外からも予約が可能になりました。

当院にて海外渡航ワクチンを接種され、渡航後に帰国しての接種希望の方は海外から予約が可能です。詳細は、ワクチン接種の際にスタッフにお問い合わせください。

予約電話番号

0538-23-8300

海外渡航ワクチン 患者事前登録

海外渡航ワクチン 患者事前登録

a:8530 t:3 y:9

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional