袋井市浅岡 医療法人社団MFC 溝口ファミリークリニック:総合内科・小児科 生活習慣病:糖尿病・高血圧・高脂血症対策に力を入れています。院内処方  診療圏:袋井市・磐田市・掛川市・浜松市 

溝口ファミリークリニック 漢方も使う理由

漢方も使う理由

自分がやりたいのは、患者さんの状態がよくなることで、その対応法が西洋医学だろうと、東洋医学だろうと特にこだわりはありません。

そのため、漢方「を」ではなく、漢方「も」と表現しています。

癌とか骨折とか心筋梗塞とか、漢方で治すなんてことを言っていたら問題ですし、アレルギー疾患である喘息とかアトピー性皮膚炎とかは、西洋医学の素晴らしい薬が基本にあってそれを補助したりするために漢方を併用するのはありでしょうけれど、漢方単独で治療するというのは、大きく問題があると考えています。

私と漢方の出会いは、浜松医大に入学した後で親しい友人が東洋医学研究会に所属したことで、付き合いも兼ねて自分も入会した時でした。
ただ、単なる飲み会要員で、大きな集まりがあると参加すると言う不真面目な部員の一人でした。

そんな訳で学生時代は、少しは興味があるけど何が何だか良く分かっていない状態でした。

研修医になって、最初は当然のことながら西洋医学にどっぷり浸かった医療を行っていました。研修医3年目(私の頃は3年間の研修医制度)の時に、聖隷浜松病院で小児科を回り、20人程度の病棟患児と夜間の小児科救急外来などを担当する訳ですが、聖隷の小児科では胃腸炎に対して五苓散という漢方薬を使っていました。西洋薬でよく使う吐き気止めの使っても効果がなく、上級医のアドバイスに従って、五苓散使ってみるとゲロゲロ吐いていて顔色が悪いお子さんが、10分もしないうちにみるみる顔色が良くなっていくのも目撃し、衝撃的な体験でした。

こんなに即効性が漢方薬にあるのなら、他の漢方薬はどうなんだろうという想いがわいてきて、もともと、患者さんが良くなることが一番大切で、西洋医学とか東洋医学とか大してこだわりを持たない性格であったことも幸いし、漢方の勉強も始めることになりました。その中で、巡り合ったのが現在師事している 日本東洋医学会EBM特別委員会ベストケースタスクフォースである井斎偉矢先生です。
サイエンス漢方と言う、科学的な視点に立って漢方薬を理解し、活用するというもので、西洋医学を中心に学んだ医師にとっても理解・納得がしやすいものです。漢方薬の薬理機序を知っているからこそ、適切な飲み方の指導ができる。現在の私にとっては当然のことではありますが、研修医時代は効能書きに書いてある通りに空腹時に飲む様に説明をしていて、今思えば恥ずかしい限りです。
毎月東京にある東邦大学東洋医学講座に通ったり、独学で勉強したり、様々な講演会に参加したり、毎月磐田市立病院で漢方の勉強会を主催したりしながら知識を増やしてきましたが、まだまだ勉強の途中ではあります。

皮膚疾患を伴う体質改善に対する漢方治療は非常にきめ細かい漢方薬の調整が必要で時に毎週の様に受診が必要になりますし、根本となる皮膚疾患の診断が必要になるため、皮膚漢方専門医での加療をお勧め致します。
浜松市:飯尾皮膚科医院 たつた皮フ科クリニック
菊川市:桜井医院

a:3729 t:3 y:6

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional