袋井市浅岡 医療法人社団MFC 溝口ファミリークリニック:総合内科・小児科 生活習慣病:糖尿病・高血圧・高脂血症対策に力を入れています。院内処方  診療圏:袋井市・磐田市・掛川市・浜松市 

2016年新卒入社の落合よりメッセージ

卒業予定の皆さんへ

はじめまして、MFC(溝口ファミリークリニック)に平成28年度の新入職員として入職しました落合彩果と申します。卒業後の進路に迷っている皆さんへ微力ではありますが、先輩としてアドバイスが出来ればと考え、手紙を書かせていただきました。経歴といたしましては、2016年4月に医療事務の専門学校を卒業し、MFCにて医療事務として勤務しております。

私は当初病院か診療所のどちらに応募しようかと悩んでいたため、両方の施設見学をさせて頂きました。その中で私が最終的に診療所を選んだ理由は3つあります。

1.患者さんと接する距離について違いがありました。
診療所では患者さんと受付時・診療中・会計時などたくさんお話をする機会があります。私は患者さんと接しながら仕事をしたいと考えておりましたので、当院のように患者さんとの距離が近い診療所に魅力を感じました。また、来院される患者さんは優しい方が多く、不慣れな私に対してもにこやかな対応や感謝の言葉をかけてくれることもやりがいとなっています。

2.医師や看護師、臨床検査技師、栄養士の方と接する機会が多い事です。
私は色々な医療従事者の方と関わり、職種ごとの仕事を見てみたいと思ったため、病院勤務を目指そうと思っていました。しかし、病院見学に行った際に感じた事は、事務以外の仕事風景を見る事は難しく、話す機会も少ない事実を知りました。MFCは総勢20名にも満たない小規模な医療機関ですが、院長を始め看護師、検査技師、栄養士、事務のチームワークがよく、時々ミスをしてしまうこともありますが、ミスしたことを責めると言うよりも、どうしたら次に同じ間違いをしないかを共に考えてくれます。

3.医療知識のみならず様々な知識を多く学ぶ事が出来るところです。
当院では医療事務と言っても事務の仕事をするだけでなく、診療や調剤の補助もします。そのために、病気の名前や薬の効能・効果を知る必要があります。当然のことながら、医療事務の専門学校での勉強のみでは知識不足でありますが、先生や看護師さんが教えてくれるほかに、勉強が出来る時間帯があります。当院は、毎朝の朝礼でお薬の飲ませ方や病気の事などが書いてある本をスタッフ全員で読む時間があります。また、週に1回お昼の時間に勉強会があり、薬の効能・効果を学ぶ事が出来ます。そして、医療知識のみならず、社会人として成長することを院長が重視していることも有り、院内外の勉強会にも参加でき、学べることに喜びを感じています。

また、就職前にアルバイトが出来たところも魅力の一つでした。アルバイトをする事で実際に院内やスタッフの雰囲気、仕事の内容が分かるのでとてもいい体験だったと思います。アルバイト期間中も、院長や周りのスタッフの方々が優しく分かりやすく教えて下さりました。

アルバイトの時から今まで新しい仕事を教えて下さる時は必ず先輩のスタッフが一緒についてくれます。分からなかった時はすぐに聞く事が出来る上、1日の終わりにはお互いで振り返る時間を設けて下さいました。例えば、受付の仕事を教えて頂く際には1ヶ月で受付の仕事が覚えられるよう、1週間ごとにスケジュールを立てた上で取り組む事が出来ました。

当院には気軽に相談できる先輩や医療知識等の勉強が出来る環境が整っています。ぜひ気軽に遊びに来て下さい。当院で働くか否かは関係なく、お気軽にご相談ください。お会いできることを楽しみにしています。

a:673 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional