糖尿病の種類・合併症(糖尿病が原因で起こる別の病気)・検査結果の見方・低血糖の症状の覚え方等々を記載してあります。
糖尿病は怖いけど怖くない、怖くないけど怖い病気です。

しっかり管理すれば合併症が出現する可能性がかなり低くなりますが、ちゃんと治療しないと様々な合併症が出てきます。

動脈硬化の原因となるため、心筋梗塞や脳梗塞・閉塞性動脈硬化症の原因となります。

糖尿病の種類


糖尿病の種類は大きく分けて2種類

Ⅰ型糖尿病:インスリン依存型糖尿病
一般的に子供から若い時に、急に病気になるもので、ウイルス感染などによって膵臓からインスリンホルモンが出なくなったり、出る様が減ってしまう状態になります。インスリン量が足らないため、定期的にインスリン注射をする必要があります。
まれに緩徐進行性インスリン依存型糖尿病の人もいて、比較的高齢者で起こることもあります。

Ⅱ型糖尿病:インスリン依存型糖尿病
一般的に中年以上の人がなるもので、日本人の糖尿病の約95%がⅡ型糖尿病とされます。食習慣の乱れ(食べ過ぎ)、運動不足、肥満、加齢などのインスリンが上手く働きにくくなってしまう状況で、ゆっくりと糖尿病になります。
近年、小児においても食習慣の乱れからⅡ型糖尿病になる子供もいます。

糖尿病の3大合併症

糖尿病の合併症は「しめじ」の順番で出てくるとされます。
し:神経
め:目
じ:腎臓
に出てきます。

神経は、末梢神経と言う脳や脊髄から別れて出ている細い神経がやられます。症状としては、しびれや痛みが出てきたり、感覚が鈍くなって傷がついたのに気がつかなかったりします。感覚が鈍くなることは大きな問題で、通常冷や汗をかく程の痛みを伴う心筋梗塞になっても気がつかなかったり、傷に気がつかないために、傷が原因で足が腐ってしまうこともあります。

目は、糖尿病性網膜症という光を感じる目の網膜がいたむ状態となります。腎臓と同じで、初期段階であれば戻りますが、一定以上に進行すると悪くなる流れがとまることが続かず、最悪の場合は失明してしまいます。

腎臓は、機能が悪くなって、尿にタンパクが流れ出てしまい、むくみが強くなり、最終的に透析になります。ある程度の段階までは血糖の管理を良くすることで戻りますが、ある程度以上進行すると戻らず悪化の一歩をたどります。初期の治療が非常に重要です。

いずれも早く治療開始し、しっかりと治療すれば怖い合併症を防ぐことができます。

糖尿病の他の合併症 

こむら返り:糖尿病では高血糖に伴う浸透圧利尿やインスリン抵抗性増大などで尿へのMg(マグネシウム)排泄量が増加して、血液の中のマグネシウム欠乏により、こむらがえりが起こる人がいます。

糖尿病の検査結果の見方

糖尿病の管理項目
HbA1c
HbA1c 2か月程度の血糖の推移を表します。
大雑把に糖尿病の重症度として
HbA1c+30が体温だと思って下さい。
すなわち、HbA1cが10%の方は
10+30=40で
体温40℃が2カ月程度続いているのと同じ位重症です。

血糖
現在の基準では、空腹のときの血糖 126以上が2回以上で糖尿病とされます。食事の影響をかなり受けますので、食事の前後で大きく異なります。

低血糖症状の覚え方

血糖を下げるお薬やインスリンを使った場合に、低血糖が出てくる可能性があります。その時の症状をしっかり覚えて、早めに対応することが必要です。

低血糖の”はひふへほ”

 腹減った
 冷や汗
 ふるえ は 低血糖
 変にドキドキ
 放置はこん睡

お腹が減ってきて、冷や汗、ふるえ、ドキドキ(動悸:どうき)が出てきたら、砂糖やジュース・クッキーなどを食べましょう。

糖分を取ることで症状が良くなれば、低血糖である可能性が高いです。初めて低血糖症状が出現した場合は、次回の外来予約日まで待たずに、早めにかかりつけの先生に相談しましょう。
 
糖尿病に関して、近年糖尿病エンパワーメントという考え方が徐々に浸透してきています。糖尿病を管理するために、患者さんと共に治療していくというものです。糖尿病にかかわらず、ご本人の治療への参加が非常に重要です。

糖尿病治療薬

糖尿病薬には下記の様に多数のお薬があり、患者さんの状態・生活などに合わせて使い分ける必要があります。

内服薬
<スルホニル尿素薬(SU剤)>
<フェニルアラニン誘導体>
<ビグアナイド系薬>
<α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)>
<チアゾリジン誘導体>
<DPP-4阻害薬>
<SGLT2阻害薬>

注射薬
<GLP-1誘導体(GLP-1受容体作動薬)>
<インスリン製剤>

開発中
<グルコキナーゼ活性化薬>

インスリンなどの注射を使わないといけない理由

2型糖尿病に関してのお話

内服薬での効果が悪くなってきた時に、インスリンに切り替えたり、併用したりすることがあります。最近は、内服薬の効果が悪い時にGLP-1誘導体という注射薬やインスリンの注射薬での治療を早めに移行させた方が良いとされます。
なぜ、内服薬だけで治療してはいけないのでしょうか。

まずは最初に知っておいて欲しいのは、
1.血糖が上がりすぎない様にするために、膵臓からインスリンが出て(分泌されて)、血糖をコントロールしています。
2.糖尿病は、膵臓からのインスリンの出が悪い、もしくはインスリンが効きにくくなっている病気です。
3.エネルギーが必要な状態(運動する・ストレスを受けるなど)になった時に、人の体はそれに反応するために様々なホルモンが出てきて、それによって血糖が上昇したりします。
4.食事をとると血糖も上がります。

ということを理解していただけると
様々な理由で血糖が上がることがあり、それに応じてインスリンが必要になるのが分かると思います。
人間の体は、人それぞれの状況に応じて上手い具合にインスリンを出しているのですが、インスリンが全く出ない状態になってしまうと、体が微調節しながらインスリンを出してくれるのが出来なくなってしまいます。
注射薬のみでは体の中程、細かく時間毎に量を調節してインスリンを投与することは難しく、インスリンの量が足らないと高血糖になり、量が多すぎると低血糖になります。
そのため、膵臓の機能を少しでも多く残しておいて、ある程度の微調節できる状況を保ちたいということが、インスリンを導入する目的の一つです。

◆「糖尿病かもしれず心配です。」

たくさん尿が出る、のどが渇きやすい、水分を多く飲む、疲れやすい、体重が減った、目が見えにくい、手足がしびれる 思い当たる症状はありませんか?

糖尿病かどうか検査することができます。朝ご飯は食べす、糖分を含む飲み物を控えてから来院してください。

◆「健康診断で血糖値が指摘されました」

できるだけ健康診断結果を持ってきて下さい。再検査が必要な方がほとんどです。

健康診断結果で。尿に糖が出ている、血糖値やHbA1cが基準より高い、など当てはまりませんか?
検査値が基準とされている範囲内であっても、食後に高血糖に徳仁がいます。

このまま様子をみて良いのか、詳しい検査をした方が良いのか、通院してお薬を飲むべきなのか、インスリン治療が必要なのか、入院が必要なのか、心配いりません、一緒に相談して決めましょう。

◆「しばらく糖尿の治療をさぼっていました」

とりあえず現在の状態を調べてみましょう。以前のお薬手帳や検査結果があればご持参ください。継続して治療するために何をどうするのか、ご本人にとって最善なのか、ご一緒に相談して決めましょう。

◆「引っ越し先で糖尿病の「かかりつけ」を探しています」

お薬がなくなる前に受診してください。紹介状やお薬手帳、血糖手帳や検査結果などがあればご持参ください。最初に来院された際に血液・尿検査をするかもしれません。

当院で出来ること

  1. 血液・尿検査関連
  2. 糖尿病HbA1c迅速検査・血糖検査・尿検査

  3. 画像検査など
  4. 合併症検索:血圧脈波測定(血管年齢)・胸部レントゲン検査・心電図・頚動脈超音波検査・胸部レントゲン検査

  5. 治療
  6. 療養相談・サポート・食事相談・サポート・生活習慣改善サポート・内服薬での治療・インスリン療法