糖尿病と間食について③

こんにちは、溝口ファミリークリニック 管理栄養士の小田です。
今回は最後のポイント 間食の量についてです。

 

日々の食生活でコントロールできる間食のエネルギーは160-240kcalが一般的です。

食品のエネルギーを知るために、市販のお菓子ならば袋や箱の後ろの糖質や脂質の栄養表示を見ましょう。

個包装やばら売りにはないこともありますが、記載されているものも増えてきているので、買う前に見ることをまず始めてみませんか?

 

また、大袋を買ってつい手が伸びてしまったり、うっかり全部食べ切ってしまったということはありませんか?

そんなときは大袋のお菓子は控え個包装を買う、その時食べてもいい量だけ出すなどできることから始めてみましょう。

また目に付くとつい食べたくなってしまうことがあります。お菓子は目のつかない棚に片づけてみましょう。

 

全3回でお話しした間食のお話も今回で終わりです。タイミング・時間 内容 量、どこからなら手が付けられるでしょうか?

1つでも見つけて、さあ今から1つ実践してみましょう!

悩んだり困った時は専門スタッフに気軽に相談していただけたらと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回は「食事のバランスについて」を予定しております。お楽しみに!