袋井市浅岡 医療法人社団MFC 溝口ファミリークリニック:総合内科・小児科 生活習慣病:糖尿病・高血圧・高脂血症対策に力を入れています。院内処方  診療圏:袋井市・磐田市・掛川市・浜松市 

禁煙

禁煙

タバコはいろいろな病気の原因となるもので、タバコを吸っている人には是非禁煙をしてもらいたいものです。

昔は、「タバコの本数を徐々に減らす」ことを勧める医師もいましたが、現在では「禁煙するなら一気にやめる」というものです。

理由は、節煙(本数減らすことやニコチンの少ないものに変える)は逆効果とされています。

具体的には

1.喫煙本数を減らした後のニコチン濃度はむしろ上昇する。

 16人の健康な人に1週間はいつも通り喫煙してもらい(平均30本/日)、次の週はその半数(平均15本/日)に減らしてもらった時に、血中ニコチン濃度は106から155nmol/Lに上昇しました。

2.ニコチン含有量の少ないタバコにしても、1本当たりのニコチン摂取量に大きな差がない。

 パッケージに0.1mg以下~1mg以上の様々なタバコを吸った場合の1本当たりのニコチン摂取量は1~1.5mgの間で、パッケージの表示量と相関関係はありませんでした。

共に、BMJ(British Medical Journal)というイギリスの医学雑誌に記載されているものです。

実際にお勧めの禁煙方法は次のページで
これからの禁煙方法 

戻る

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional