【コラム】これまでの復習!

男性Oさん 体重75㎏ BMI 25.0㎏/m² 一人暮らし
営業職として会社勤務、出張が多く飲み会の頻度も多い。HbA1cの値も少しずつ下がってきました。今回で栄養指導は最終回です、今までの確認をしていきましょう。

男性 Oさん:こんにちは、今日もよろしくお願いします。

栄養士(小)栄養士:はい、こちらこそよろしくお願いします。色々なことに取り組まれてきましたので、今回は今までの復習をしていこうと思います。

 

男性Oさん:そうですね、初めの方の内容はもしかしたら忘れているかもしれませんので是非お願いします!

 

栄養士(小)栄養士:ではひとまず前回の内容の復習ですが、ちょっと飲みたくなった時のアルコールの代わりのものを用意してみましょうということですが、どうでしたか?

 

男性Oさん:はい、家ではあまり飲まないようにしていましたが、ちょっと飲みたいときは炭酸水を飲んでみました。意外と代わりになったといいますか、爽快感もあったので炭酸水で満足できました。

 

栄養士(小)栄養士:素晴らしいですね。飲酒の量と頻度が減れば食べすぎなども併せて抑えられますね。

 

男性Oさん:そうですね、やっぱり量を飲んでしまうときはつい食べ過ぎてしまいますね。そういえば飲み会でも同僚の協力でジョッキ2杯で続けられています。時々多くなってしまいますが、今まで通り3杯以内で留められています。飲む量を意識して野菜料理から選んで食べることで、食べ過ぎたと感じることが少なくなったと思います。

 

栄養士(小)栄養士:以前の目標もしっかり取り組まれていますね。飲酒量に関してはもう一歩すすんで量が減らせるとより良いですね。

 

男性Oさん:分かっているのですが、中々…。でも前回で合併症のはなしを聞いたら、将来のことを考えて頑張ってみようかなと思ったので、前より意識が出来ているのかなと思います。3杯飲んでしまう日も減っていると思います。

 

栄養士(小)栄養士:意識されているのですね。ビールの適量は200~400ml程度ですので、中ジョッキなら1杯程度ですね。これ以上増えないように継続して意識してみましょう。

 

男性Oさん:まだ多めなんですよね、結構頑張っているのですが難しいですね。

 

栄養士(小)栄養士:もちろんお付き合いもありますし、難しいときもあると思います。しかし今、家での晩酌の量を調節されていますし、継続して2杯程度で抑えるように意識もしていますから、以前と比べたら量は確実に減っていますね。ですので飲み会でしたら、3杯飲みたいときはして3倍でも量を減らす方法もありますよ。

 

男性Oさん:いきなり減らすのは難しいと思うけど、ちゃんと心にとどめておきます!なるほど…、ジョッキのサイズを小さくして3杯飲むのなら我慢できそうかな。実践してみます!

 

栄養士(小)栄養士:頑張っていきましょう!Oさん食事のほうはいかがでしょうか?

 

男性Oさん:野菜はつけるように意識して、サラダや惣菜を買ったりしています。昼食は休憩時間がしっかり作れないので野菜ジュースを買う時が多いです。野菜から食べるようにしているのでそこは続けられています。

 

栄養士(小)栄養士:いいこころがけですね。野菜から食べることで、食物繊維もとれて血糖値の上昇が緩やかになりますし、ゆっくりよく噛むので満足感も得られますね。どうしても単品になりそうなときは野菜を多く使っているものを選んでみましょう。飲食店では野菜の量を明記したメニューなどもありますので、メニューは要チェックです!

 

男性Oさん:確かに、糖質OFFメニューや野菜量の書いてある商品もみますね。あまり意識していなかったですが、そういうのも活用するといいですね!

 

栄養士(小)栄養士:上手に活用してみましょう。これからも継続していきましょう。栄養相談は少し期間をあけてもよさそうですので、次回は3か月後くらいにしましょう。
食事に関してはばっちりですので是非続けていただき、飲酒に関しては再度ルールを意識して更なる減量ができていけるといいですね。応援していますので、頑張っていきましょう!

 

男性Oさん:そうですか、わかりました!期間が空くのは少し心配ですが、今やっていることを続けていきます。お酒に関しても改めて注意しなきゃと思っているので、同僚に声かけて協力してもらいます。

 

栄養士(小)栄養士:素晴らしい!ではまたよろしくお願いいたします。

 

 

男性Oさん:ありがとうございました。またよろしくお願いします!

 

まとめ